HOME > ブログ

ブログ

ジェルとスカルプの違いは?




そもそもジェルネイルとスカルプチュアの違いって何?
ネイルサロンが初めての方はさっぱりですよね(*_*)



簡単に言うと
ジェルはマニキュアの取れないバージョン!(自爪の長さのまま、長さは出せません)
スカルプは付け爪の取れないバージョン!(少しでも長さが欲しい方はこちら)
ザックリ過ぎますがイメージはこんな感じです!笑



少し詳しく説明すると
ジェルはマニキュアと違って、乾かしたり、
数日で剥がれたり、よれたりという事がありません(^^)
UVライトやLEDライトという光を30秒~2分当てて
乾かす、というか固めるんです(・o・)
今はもう芸能人の方も一般方も
本当に幅広い年齢の方がネイルをされてますね!
そのほとんどの方はこのジェルネイルだと思っていいと思います(^^)v


そしてスカルプ。
本当の名前はアクリルスカルプチュアと言います✰
先ほど付け爪、と言いましたが名前の通りアクリルなので
付け爪とは比べ物にならないくらいの強度がある人口爪です♬
スカルプの施術にはチップや付け爪は一切使いません!
水あめのような柔らかいものを、筆を使って
好みの形、長さを決めて人口爪を作ります\(^o^)/





ジェルはライトを当てるまでは固まらないので
絵を書く、お花を書く、
色んな物を「書く」ことが出来るので
様々なデザインを楽しむことが可能です✰

↴こちら全てジェルのデザインです!
↴絵を書く
↴お花を書く
という感じです(^^)v
べっ甲柄や千鳥柄、アーガイル柄やタイダイ柄
アニマル柄やチークネイル、チェック柄やツイード柄
ニットネイルやブローチネイル、
とにかく色んなデザインが楽しめます(*^_^*)





そしてスカルプ。
スカルプはジェルと違って「書く」というより「作る」
と言ったほうがいいですね(^_^)/
お花を作る、ハートを作る、
立体的なデザインが楽しめる3Dアートと言います✰

↴お花を作る
↴ハートを作る
↴お花を作る
という感じです(^^)v
成人式のネイルやウエディングネイルなどに
よく見られるアートです\(^o^)/
振袖の柄やドレスの雰囲気に合わせて
お花の形や種類を変えたり出来ますよ♬






そして、長くて派手なイメージが強いスカルプ。
↴こんな感じですね!笑




もちろん長くて派手な物も出来ますが
ショートやシンプルな物もできますよ\(^o^)/

↴ヌーディ―な大人カラー
↴ピンクベージュのカラーグラデーション
↴こちらもスカルプですよ✰




そしてなにより
爪の形にコンプレックスがある方、
噛み癖などの矯正をしたい方に
おススメしているのもスカルプ!!

↴バーチャルネイル。
ネイルベット(爪のピンクの部分)を長く見せる技法で縦長で綺麗な爪に
↴噛み癖を直したいお客様。シンプルにナチュラルスカルプ
↴自爪が折れてそこだけスカルプを。ケチャクリームというパウダー。
2本付けてるんですが、どこだったのか私もわかりません。笑
↴こちらもケチャクリーム!全てスカルプです!

3枚目4枚目の写真のケチャクリームというパウダーの
スカルプを取り扱っているので、
バレたくない方や、バレれない方にもおススメです!!
もう自爪にしか見えません。笑




※補足です
ジェルでの長さだしは出来ないと言いましたが、
ジェルでも長さだしは出来ます✰
ですが、スカルプの強度には絶対に叶いません(>_<)
当店はスカルプを取り扱っているので
ジェルでの長さだしはしていないということです\(^o^)/




これが大まかなジェルとスカルプの違いです(^^)
少しでもご参考になれば、興味を持って頂ければ嬉しいです♬
分からないことや相談などがあればお気軽にご連絡ください(*^_^*)




福岡県直方市湯野原2丁目7-1
ネイルサロン パピヨン
nailsalon papillon

直方イオン横のマンション
自宅サロン プライベートサロン
駐車場あり



 

娘ちゃん



初めましてのご挨拶を少しさせて頂きます♬

私は高校を卒業してすぐ、19歳の時に
ネイルを始めました\(^o^)/
今25歳なのでネイルに携わりだして7年目になります✰
ネイリストとしても、人としても、まだまだひよこさんです(>_<)
が、ネイルに関わり始めて今まで
「ネイルを学ぶこと」に関しては、私なりに凄く
濃く有意義な7年を過ごしてきたつもりです(*^_^*)



そして何でネイリスト?とよくお客様に聞かれるんですが
これ!と言った理由はないんです。笑

私がお客として初めてのネイルサロンは高校生の時♬
当時、ネイル業界はスカルプ全盛期!
高校生の私はもちろんアルバイト、
初ネイルサロンの感想は一言、高っ!!でした。笑

でも、初めてのスカルプに私、見事にハマったんです。笑
好きな長さに、好きな形に、と初めてスカルプを付けてもらった時は
本当にビックリというか衝撃でした!!


そして高校も卒業、したい事も特になくて
「ネイルが自分で出来たらお金いらないな、そしてそれでお金が稼げるなら一石二鳥!」
という若ーい甘ーい考えで始めたんです。笑



いざ習い始めたネイル、
楽しみで仕方なかったスカルプの授業、
「あら?これがあのスカルプ?本当に同じ材料?」
と思うくらい難しかったんです。笑
ネイリストの方は簡単そうにスラスラ作るから
まさかこんなに難しいとは本当に思ってもなかったんです。

私がハマったスカルプ。
スカルプを学ぶにつれて知った
噛み癖や深爪の矯正、
自爪の形や長さにコンプレックスがある方への施術、
オシャレやデザインだけの技法ではなく
手先に悩みを抱える方にも全力でおススメしたい
技法だという事を知りました。

そこからですね、
私が本気でネイルにハマったのは。笑

初めて知ることが多すぎて
そして一番は上手く出来ないという事が悔しすぎて、
この時にすんなり出来ていたら
ここまで続けてなかったかもしれません。笑



そして今、ネイリストになり、お店を始めて
妊娠、出産。

私が産休で一度お店をお休みした時点で
また再開しても、今まで施術をさせて頂いていたお客様は
もう戻ってこない、本当にまた一からという
覚悟をしていたんです。
でも来てくださる方がいたんですよね。

「良かったー!中々いいお店が見つからんくて、もう待ちくたびれたよ!笑」
「これこれ!私の求めてるのはこれ!やっぱり明日香ちゃんやね!」
「久しぶりに他のお店に行ったけど違いが良くわかった!ありがとう!笑」

なぜかお礼を言われたり(笑)
待っていたよと言ってくださるお客様がいて、
お店を再開したことを喜んでくださるお客様がいて、
私じゃないとダメだと言ってくださるお客様がいて、
ネイリストとしてこれ以上に幸せな事はないと素直に思いました(^_^)

「お客様の施術をする」
イコール
「私の技術を買ってくださるお客様がいる」

私の中ではとても深くて改めて考えさせられたこと。
今からもこれからも忘れてはいけないことだと改めて感じました(^^)




そして、話は全く変わりますが(笑)
私の大事な大事な娘ちゃん(*^_^*)



 
私には一歳半になる娘ちゃんが一人がいます(*^_^*)
もう可愛すぎて食べたくなります。笑
毎日の成長が本当にめまぐるしい一歳✰
昨日出来なかった事や、言えなかった言葉が
今日出来たり、言えたり(^^)

毎日の成長が楽しみで仕方ない♬
という言葉の意味が本当によく分かりました!!笑
毎日いい意味で驚かされっぱなしです(*^^)v
と同時に、お母さんって本当に凄いな、と実感する毎日です。笑



最後に、
「ネイリストとして、人として、母として
もっともっと大きくなれるように!」

知りたい、学びたい、という気持ち
感謝の気持ちを忘れず
私、という人間に自信が持てるカッコイイ女性になれるように
努力していきたいと思います!
こんな私ですが宜しくお願い致します\(^o^)/



 

my nail




こんにちは(^_^)v

初めてのブログは今私がしているマイネイルの紹介と
次の記事で、初めましてのご挨拶を少しだけさせていただきます♬


↴左手

この季節、デザインに迷えばとりあえずべっ甲!笑
毎年一度は必ずべっ甲!笑
秋冬デザインとして、べっ甲柄は
もうかなり定番、定着してますね(*^_^*)
そして中指には今年流行したブローチネイル!
ブローチの中は合わせてべっ甲に✰
このブローチの中はお好きなデザインに変更できますよ♬




↴右手

そして右手ですが、右手のデザインはいつもシンプルなデザインです。笑
が、薬指に大きなビジューを作ったので、カラーのみの
シンプルなデザインでもかなり豪華、ゴージャスに仕上がります✰
このビジューアートも、お好きな大きさやパーツに変えれますよ(^^)v


私のネイルはだいたいいつも左右バラバラです。笑
利き手が右なので、右手のネイルをするのは本当に嫌なんです!
両手同じデザインにも出来るんですが、とにかく時間がかかる!笑
そして、自分の手だしなー。と結果手抜きなんです。笑
もちろんお客様の施術をさせていただく時は
そんな事ないですよ!!

自分のネイルに関してはこんな適当な私ですが
これから宜しくお願い致します\(^o^)/



福岡県直方市湯野原2丁目7-1
ネイルサロン パピヨン
nailsalon papillon

直方イオン横のマンション
自宅サロン プライベートサロン
駐車場あり




 

WEBサイトを公開しました

WEBサイトを公開しました

1

アーカイブ

このページのトップへ